こんばんは、仙台恋活の恋愛コーディネーター黒田です。

「最近はスマホで漫画を読む人が増えましたよね~」と女性会員さんとの会話によく出てきます。たしかに、電車内で左右見ても街中で待ち合わせしてる男女を見ても、スマホで漫画を読んでいる印象です。鬼滅の刃や呪術廻戦など人気作品に加えて、アプリオリジナル作品も増え満喫されてますね。30代女性会員さんもスマホを見る時間が増えて、WEBコミックを読むようになったとのこと。

僕も年末年始は、家でWEBコミックをスマホで見ながら楽しんでました。そんな好きな作品の一つに「ミステリと言う勿れ」という、田村由美さんによるミステリー系の漫画があります。ついこないだ、実写ドラマ化されることが決まり、菅田将暉さんが主人公を演じてくださることに。好きな俳優さんと好きな漫画。嬉しすぎてテンションが上がりました。『名探偵コナン』の青山剛昌先生も夢中になっている人気作品です♪


出典:「ミステリと言う勿れ」コミックス1巻より/月刊flowers

天然パーマで主人公の久能整(くのう ととのう)くんが身の周りで起きる様々な事件や謎を、論理、感情、雑学を交えながら解決し、いつの間にか人の心も解きほぐしていく新感覚ミステリー。表情や仕草、言葉の奥にある気持ちを学べることも多く、僕は深いなあと感じました。


出典:「ミステリと言う勿れ」コミックス1巻より/月刊flowers

緊迫した場面でも落ち着いて物腰柔らかい主人公は、事件を起こしてしまった側の人の気持ちも掘り下げて、脱線してるようで的を得ている独特な展開の話で相手に寄り添います。はじめは周囲の人から不思議な目で見られつつも、話しているうちに信頼を得ていき、その魅力と包容力に心が温かくなります。

伏線もあるし意味が深い部分もたくさんありますが、主人公の整くんが冷静なところもあるからか、とても良い意味で「サラッと撫でたように淡々と物語が進んでいく」ようにも見えるので、初めて読む人も見やすいかと。新幹線の中だけで話が完結することもあったりと、繊細な表情と会話を大事に描かれてるように感じました。


出典:「ミステリと言う勿れ」コミックス1巻より/月刊flowers

絵のタッチやストーリーももちろん好きで、セリフの1つ1つの言葉が「芸術」といったら大袈裟ですが、柔らかく光を手で包み込むような感覚で、惹きつけられるものがあります。愛する人への気持ちのあり方や伝え方、受け止め方など、向き合うことの大切さを考えるヒントになります。


出典:「ミステリと言う勿れ」コミックス1巻より/月刊flowers

それと、整くんが小さい頃の自分を振り返って、ふと出てくる言葉が印象的でした。

「子供は乾く前のセメントみたいなんです」

落としたものの形がそのまま跡になって心に残るということ。純粋な心を持つ子供だからこそ、接し方や言葉選びを大切に出来たらなと再認識できます。

人の心が変化していく様も表現されてるので、恋愛や人間関係、ミステリー系や謎解きが好きな方はもちろん、子育て中の方も共感や発見があり、読む人それぞれの気付きがあって面白いと思います。将来の子育てに向けて参考にしたい、そんな人にもオススメかなと!もし興味がわいたらスマホで読んでみてくださいね^^

知的な要素の中に意外性や笑い要素もあり楽しめて、僕は読んだ後は心が静かに潤って優しい気持ちになれました。そしてカレーが食べたくなるw

余談でしたが、ドラマ好きな黒田にとっては、また楽しみが増えてワクワクしてます。映画やドラマの話で盛り上がる会員さんも多く、また皆で話せる場をオンラインでご用意出来たらと、イベントも企画中ですのでお楽しみに♪

WEBコミックを読む男女会員さんと繋がりたい人は、お気軽に仙台恋活へご連絡くださいませ☆

▼▲▼▲▼▲▼
マンガが好きな男女会員さんはこちら→#マンガ好き
関連する記事はこちら→#マンガ
▼▲▼▲▼▲▼

オンライン登録面談も可能!活動スタートするなら会員登録予約!下記からどうぞ!
▶お電話なら: 090-4425-1571
▶Web:http://sendaikoikatsu.jp/contact/

\会員登録予約は仙台恋活のLINE@からも受付中!/
▼簡単操作♪下記ボタンをクリックして友達登録☆▼
友だち追加
※会員以外で個別のお悩み無料相談もできますので、仙台恋活LINE@へ質問お待ちしております。