こんにちは、仙台恋活恋愛コーディネーター藤島です。
今日から実際に恋活デートしているカップルからの取材をもとに仙台や近郊のデートのリアルをご紹介していきます。

【42歳再婚・会社員男性&39歳初婚・教育関係女性】

二人の出逢いは交流会。
会がお開きになり、解散寸前のタイミングで女性から声をかけたそうです。
♡「よかったらLine交換しませんか?」
♠「いいですよ!」
早速その夜からLine連絡がはじまりました。

男性は出張の多い人。
女性は宿直もある職場。
なかなかデートのタイミングが合いません。
大人の恋愛ではよくあること。お二人とも仕事とのバランスを取りながらそれほど多くないデートの機会を大切に過ごしました。

待ち合わせはエスパルの3階ラ・プティ・メルスリー
窓際の席を指定すると仙台駅からペレストリアンデッキが一望できます。
カップケーキが美味しいおしゃれなお店です。

仙台で合流した二人はそこからドライブデートへ。
今までで一番思い出に残るデートは山寺(山形)。
山寺は山門から階段1015段登って行くと、松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句を呼んだ『せみ塚』があり、五大堂という展望台に到着すると素晴らしい風景が見られます。


そこで二人は階段を登り、祈願。おそろいのお守りを購入されたそうです。彼女は階段を下りるときに購入したお守りを彼に「持ってて!」と手渡しました。

その日は山形から仙台へ戻り、次のデートの約束も決まらないまま解散しました。

♡「あっ!!」

彼女はおそろいのお守りを彼に預けたのを思い出しました。
彼に逢えない時間をお守りパワーで乗り切ろうと思ってたのに・・・。次に逢う約束も決まってないし急に寂しくなりました。

数日経ち、彼女は寂しい気持ちとお守りのことが気になり、仕事帰りに彼の自宅付近に行き「お守り取りに行きたいから、会えない?」とLINEしました。
こんなに誰かに「逢いたい」と思えたのは何年振りだろう・・・・彼に会いたい。
そしてできれば結婚したい。

彼はバツイチで前妻が引き取って育てている子供がいることも承知の上でした。

彼女からのいつになく積極的なLINEをみた彼も本気の恋がはじまったと確信したそうです。
すぐに待ち合わせの場所と時間を決めて仕事を終え向かいました。

彼の自宅付近のおしゃれなイタリアンバルでワインと軽い食事をしました。
そして、その夜はじめて彼の自宅マンションの場所を教えてもらったそうです。
次の日も仕事で早いので、家には上がらなかったそうですが、2人の仲は急速に接近しました。

その半月後、彼女の誕生日。彼は彼女にプロポーズをしました。

今では入籍も済ませて大人のお二人のおだやかなLOVEストーリーは続いています。

これは実際に仙台恋活で出逢ったカップルのリアルレポートです。
次はあなたがLOVEストーリーの主役です♡
素敵な出逢いの春です、あなたも恋に落ちる瞬間をご一緒に・・・
▶直接facebookメッセージでも受け付け中。
▶ お電話のご相談なら022‐797‐2877
▶Web:http://sendaikoikatsu.jp/contact/